bamboo art: GEN Mitsuhashi________ 竹アート 三橋 玄

profile photo GEN

三橋 玄 (みつはし げん) プロフィール

1972年、東京生まれ。
鳥取大学農学部 卒業。

中国シンジャン、チベット、ネパールなどの辺境やインド、タイ、ヨーロッパ、北米… 放浪の旅を経て、作家活動に入る。


初めは写真をスライドプロジェクターで投影するインスタレーションを制作するが、
さらなる体感的空間の創造を求め、歪がみ、重なり、動く独自のスクリーンを制作し、映像に包まれた空間を作るようになる。
こうした実験から、舞台やステージのセット、照明や演出全般を手掛ける。

やがて造形的な制作に重点を置くようになり、
音楽フェスティバルやコンサートのステージ装飾、アートイベントでのオブジェやモニュメント制作、
店舗やオフィスの内外装などを主な活動とするようになる。


2005年から竹を使った巨大造形の制作を始め、人間と自然の関わり方をテーマとすることが多くなる。

「フジロックフェスティバル」(新潟)や「渚音楽祭」(東京)など 大規模な野外音楽フェスティバルや、「アースデイ東京」など
多くの屋内外イベントでの造形を手掛ける。


2008年東京・高尾山にて圏央道トンネル工事の強行に反対するアクション制作
1000個のドリームキャッチャーを集めて作った「ドリームキャッチャーバリケード」には300人以上が参加した。

2010年個展「原初の海」(東京)。

竹林整備とその際に出る竹資源の広範囲な利用のための研究と実践にも取り組む。
また竹を入口に、日本の文化、精神、思想、身体観、歴史などへの探求が拡がり、
職人、芸術家、文人、研究者などのネットワーク構築にも参加している。


2011年東日本大地震と福島原子力施設の事故により関東を離れ、 関西へ拠点を移す。


2012年の辰年は、全国各地で龍の制作を行なう「龍の旅」を行なった。
年始は、大阪南港「ATC(アジア太平洋トレードセンター)」にて全長20mの竹の龍「飛龍2012」。
締めくくりとなった大晦日の奈良県宇陀市「砥取 福丸 燈火会」での「炎の龍」は、
杉廃材で作った全長80mの龍を炎上させるというものだった。
これが「炎の造形」の第一作となる。


<最近作>

2012年 5月 大阪市「大丸 梅田店」の大丸ミュージアムにて「風水土のしつらい展」のシンボル「生命の樹」。
2012年 11月 和歌山市「ホテル アバローム 紀の国」の和式 結婚式場 の入場回廊「竹の回廊 くぐる」。
2012年 12月 京都市「関西日仏学館」(フランス領事館)の庭でクリスマスモニュメント。

2013年 8月 京都市「醍醐寺」にて「如意」。
2013年 9月 奈良県明日香村「飛鳥 光の回廊」にて「朱雀」。


2012年 1月 堺市内の小学校で自然素材を用いた空間造形の授業
2013年 8月 桜井市市民会館にて小学生対象の竹でつくるワークショップ開催など
子どもたちとの体験的取り組みも行なっている。


2013年 11月 奈良県文化事業「HANARART」の一環として、桜井市「等彌神社」にて「翼」を制作。
「HANARART」終了後も制作を続け、「舞う」という作品へ進化。
この作品を依代(よりしろ)とした「元始奉納芸術祭」を2013年 大晦日から2014年1月5日までの6日間主催した。

地域の歴史・風土をアートや芸能と結びつけた新しい地域おこしの活動を展開中。


profile photo GEN


bombookingdom.net